2019年8月23日金曜日

firebase-tools v7.1.0 release note 和訳

※翻訳勉強中のため、間違っている可能性があります。


https://github.com/firebase/firebase-tools/releases/tag/v7.1.0

  • Auto-download Firestore and RTDB emulators when using emulators:start.
  • Make functions:shell respect the --port argument.
  • Improve error message when firebase serve can’t acquire the right port.
  • Allow running the Firestore and RTDB emulators without a configuration.
  • Fixes bug where profiler table rendering crashes due to undefined path.
  • Allow the Firestore emulator to give more information about invalid rulesets.
  • Hot reload firestore rules on change.
  • Upgrade archiver dependency to 3.0.0.
  • Update functions init templates to v3.1.0
  • Fix emulation of https functions.
  • Fix bug where calling clearFirestoreData against the Firestore Emulator fails if more than 500 documents exist.
  • Fix multipart uploads in emulator.
  • Fixes long responses from emulator being truncated.
  • Fixes a bug where admin.firestore() and app.firestore() behaved differently.
  • Fix issue with npm 6.10 where an internal version check of the firebase-functions SDK caused a crash.
  • Fix bug in Firestore emulator where queries with startAfter had incorrect boundary behavior.
  • Fix bug where too many functions would hang the emulator.
  • Improves ability of Firebase CLI to be used with service accounts.

  • emulators:start を使うときは、FirestoreとRTDBエミュレータを自動ダウンロードします。
  • functions:shell--port 引数を尊重するようにします。
  • firebase serve が正しいポートを取得できない場合のエラーメッセージを改善しました。
  • 設定なしでFirestoreおよびRTDBエミュレータを実行することを許可します。
  • 未定義の path が原因でプロファイラテーブルのレンダリングがクラッシュするバグを修正しました。
  • Firestoreエミュレータが無効なルールセットについてより多くの情報を提供できるようにします。
  • Firestore rules の変更時にホットリロードします。
  • アーカイバの依存関係を3.0.0にアップグレードします。
  • Functions 初期化テンプレートを v3.1.0 に更新。
  • https Functionsのエミュレーションを修正しました。
  • Firestore Emulatorに対して500を超えるドキュメントが存在すると、clearFirestoreData の呼び出しが失敗するというバグを修正しました。
  • エミュレータでのマルチパートアップロードを修正しました。
  • エミュレータからの長い応答が切り捨てられるのを修正。
  • admin.firestore()app.firestore() の動​​作が異なるというバグを修正しました。
  • firebase-functions SDKの内部バージョンチェックがクラッシュを引き起こすnpm 6.10 の問題を修正しました。
  • startAfterを使ったクエリが誤った境界動作をしていたFirestoreエミュレータのバグを修正しました。
  • Functionsが多すぎるとエミュレータをハングさせるというバグを修正しました。
  • Firebase CLIがサービスアカウントで使用される機能が向上しました。

Written with StackEdit.

0 件のコメント:

コメントを投稿